2017年09月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

韓国民団トップ 釜山慰安婦像撤去すべきとの見解示す「一番の被害者は在日同胞」

12日、東京都内のホテルで、在日本大韓民国民団(民団)が新年会を開き、挨拶に立った呉 公太(オ・ゴンテ)民団団長は、昨年末、韓国の市民団体によって、在釜山日本総領事館前に設置された慰安婦像を、撤去すべきとの見解を示した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。