菅官房長官、在釜山日本総領事館前慰安婦像設置受け、制裁措置発表 長嶺駐韓大使ら一時帰国、日韓通貨スワップ協定協議中断

長嶺安政駐韓大使(外務省ホームページより)

長嶺安政駐韓大使(外務省ホームページより)

菅義偉官房長官は、6日午前の会見で、昨年末、韓国の市民団体が、在釜山日本総領事館前に慰安婦像を設置したことを受けて、長嶺駐韓大使らの一時帰国、日韓通貨スワップ取り決めの中断、日韓ハイレベル経済協議の延期などの制裁措置を取ることを発表した。

発表内容は次のとおり。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。