2017年09月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

民進党・蓮舫代表 安倍首相の真珠湾訪問評価の一方、安全保障政策を批判 ネットの反応「いつになったら戸籍を公開するんだ二重国籍犯罪者」「中国空母が外洋に出た直後の批判、本当に政治センスがない」

28日、民進党の蓮舫代表は、民進党本部の仕事納めの挨拶で、安倍首相の真珠湾訪問について言及した。

蓮舫代表は、安倍晋三首相の真珠湾訪問について、「オバマ大統領とそろってパールハーバーで不戦の誓いを語ったことは大きな意義がある」と評価する一方、「引っかかっていることが一つある。不戦の誓いと言いながら、なぜ憲法解釈を変えて安保法制に突き進んだのか。あるいは来年度予算を見ても、5年連続で防衛費は増えている」と述べ、安倍政権の安全保障政策を批判した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。