2017年06月23日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

JR東日本みどりの窓口職員「にっころには売れない」発言 識者はどうみるか 労組問題に精通 元文科大臣秘書官鳥居徹夫氏

torii

4日、やまと新聞は、参院選で日本のこころを大切にする党(中山恭子代表/日本のこころ)の全国比例候補として出馬している中山成彬元文科大臣の秘書が、JR神田駅みどりの窓口で、公的に発行された、参院選で使用できる選挙用乗車券交付証を提出したにもかかわらず、日本のこころ所属であることを理由に新幹線乗車券・特急券に交換することを拒否された事件について報じた。

この問題について識者はどう見ているのか。

民主党政権時代に文科大臣秘書官を務め、自身も専従として労組の運営に従事し、労組問題に精通する、フリージャーナリスト鳥居徹夫氏にお話を伺った。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。