2017年07月21日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

「朝鮮半島で公的な強制連行なかった」記述により名誉毀損で在宅起訴された「帝国の慰安婦」著者、無罪判決

25日、ソウル東部地裁は、「帝国の慰安婦」の記述が、元慰安婦の名誉を傷つけたとして、名誉毀損罪で在宅起訴された、同書著者朴裕河(パク・ユハ)韓国世宗大学教授を無罪とする判決を下した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。