2017年08月20日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

東京電力廣瀬社長、福島第一原発事故第三者委員会検証報告書の表現超え、当時の社長による炉心溶融隠蔽の認識示すも、官邸の関与については明言せず

21日、東京電力の廣瀬直己社長は、16日に提出された、「福島第一原子力発電所事故に係る通報・報告に関する第三者検証委員会」(以下第三者検証委員会/田中康久委員長)による検証結果報告を受け、都内で会見を開き、東京電力が、福島第一原子力発電所の事故発生から2か月以上の間、「炉心溶融」が発生したことを公表しなかった件について、当時の社長による「隠蔽である」との認識を示し、謝罪した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。