2018年08月18日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

フリージャーナリスト安田純平氏とみられる映像、菅官房長官、本人との認識示す

安田純平氏とみられる映像(Vimeoより)

シリアで行方不明になっている、フリージャーナリストの安田純平氏(44)とみられる映像が、動画投稿サイトに公開されている件で、菅義偉官房長官は、安田氏本人との認識を示した。

映像では、オレンジ色の服を着た安田氏とみられる人物が、日本語で「私の名前はウマルです。韓国人です。今日の日付は、2018年7月25日。とてもひどい環境にいます。今すぐ助けて下さい」と述べている。

菅義偉官房長官は、1日午前の会見で「政府としては邦人の安全確保は最大の責務という認識の下、様々な情報網を駆使して全力で対応に努めている」とした上で、映像に出てくる人物が、安田氏本人であるとの認識を示した。

安田氏は、平成27年6月、騒乱状態のシリアを取材するため、トルコ南部から同国に入国後、行方不明となっており、アルカイダ系の武装組織に拘束されたとみられている。