2018年11月18日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

政府、官邸HPに豪雨災害対策特設ページ開設 被災者からは使い勝手に不満の声も

13日、政府は、西日本豪雨の被災者に要望を受けて、インフラの復旧状況や、食料支援や相談窓口などの情報を提供する特設ページを、首相官邸ホームページ内に開設した。

同日、愛媛県の被災地を視察した安倍晋三首相は、記者団に対し、11日に実施した岡山県視察の際、被災者から、インフラ復旧等の情報をもっと発信してほしい旨の要望があったことを受けて、特設ページを開設したことを明らかにした。

特設サイトでは、「避難生活関連」「健康」「ライフライン」「交通情報」「物質」「相談窓口や手続」のカテゴリに分類し、情報を発信している他、地域別の情報に繋がるリンクが設置されている。

やまと新聞が、岡山県で被災した男性に電話取材したところ、安倍首相の迅速な対応を評価する一方、特設ページの使い勝手について、次のような不満を述べた。

「例えば、【相談窓口や手続】という欄に『行政手続 この災害を【特定非常災害】に指定(閣議決定)。これにより、自動車運転免許の更新ができない方の有効期間の延長などが可能に』という情報が表示されるが、そこから詳細へのリンクがなく、運転免許の有効期間延長の手続き方法や、閣議決定によって何が得られるのか等、具体的な内容を一刻も早く詳細を知りたいのに、ここを見ただけではわからず、新たに検索しなければならない。早く改善してほしい」

平成30年7月豪雨災害対策特設ページ
https://www.kantei.go.jp/jp/saigai/ooame201807/