2018年08月16日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

東京五輪聖火リレー福島スタートに「震災復興五輪」位置付鮮明に

12日午前、2020年東京五輪組織委員会の調整会議が開催され、日本国内の聖火リレー出発地を、東日本大震災の被災地である福島県とすることが決定した。

聖火リレーは、同年3月26日に福島県を出発、3月の気温を考慮して沖縄を目指して南下する。沖縄到着後は、北海道を目指して北上した後、再び南下し、震災の被災地である岩手、宮城を通過するなどした後、7月10日に東京都に入る。東京都では、15日かけて、島嶼部を含む全区市町村を回る予定だ。福島県出発から開会式が開催される7月24日まで、121日間の行程で日本を一周する。

調整会議には、小池百合子東京都知事や森喜朗大会組織委員長が出席した。森氏は、スタート地点が福島県に決定したことについて「東京五輪は震災からの復興を位置付けている。被災した3県の皆さんの苦難、悲しみは大変なものだ。中でも福島は一番避難者が多い。被災地の方々を勇気づけられれば」と述べた。

菅義偉官房長官は、同日午前の会見で、今回の決定について「被災地の方々を勇気づけ、日本中が盛り上がる聖火リレーとなることを期待する」と述べた。