2018年08月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

憲法改正推進派有識者から、野党・メディアの姿勢に批判の声「緊迫する国際情勢より、モリカケ日報セクハラが重要なのか」

美しい日の憲法をつくる国民の会・田久保忠衛共同代表(Photo/松原 久)

3日、東京都内で、民間の立場から憲法改正を推進する、民間憲法臨調と美しい日本の憲法をつくる国民の会(国民の会)が主催する、公開憲法フォーラムが開催される。

これに先立ち、4月26日、衆議院第二議員会館で、事前記者会見が開催され、出席者からは、国際情勢が緊迫する中、モリカケ日報問題の追及に終始する、野党6党とマスメディアに対する批判の声が上がった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。