2017年10月24日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

小池都知事、築地市場業界6団体代表と会談 築地市場協会会長、築地豊洲併用案を「これだけの近距離で2つの市場が存在することはありえないことだ」と一刀両断

築地市場協会・伊藤裕康会長(Youtubeより)

東京都中央卸売市場(築地市場)の豊洲移転を巡る問題で、22日午後、小池百合子都知事は、築地市場の業界6団体代表との会談を行い、豊洲への移転等に関する基本方針の説明と意見交換を行った。

業界団体側からは、豊洲移転を決断したことなどに評価の声が上がる一方、小池知事が20日の会見で示した、豊洲への移転後の築地市場跡地を売却せず再開発し、豊洲と築地双方に市場の機能を持たせるとする基本方針に批判の声が上がった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。