2017年07月25日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

アジアサッカー連盟、旭日旗問題で川崎フロンターレに罰金1万5千ドル等の制裁処分発表 川崎・藁科社長、コメントで反論するも、今後は旭日旗等の掲出自粛求める考え示す

4日、アジアサッカー連盟(AFC)は、先月25日に韓国・水原で行われたAFCチャンピオンズリーグの試合開始直前に、川崎側のサポーターエリア内スタンドで、一部サポータにより旭日旗が掲げられた問題について、人種差別的や政治的主張を禁じる規約等に違反しているとして、罰金を1万5千ドル、1年の執行猶予付きでAFC主催のホームゲーム1試合を無観客とする制裁措置を発表した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。