2020年04月06日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】トランプ氏の対抗馬は2人に絞られたかもしれない

マイケル・ブルームバーグ氏(ウィキペディアより)

 

米大統領選の民主党候補指名争いで、直前まで人気4番手だった中道派のピート・ブティジェッジ候補(38、前インディアナ州サウスベンド市長)が、2月3日に行われた初戦アイオワ州党員集会でトップに立ち躍進した。予備選と異なりカードを提示する党員集会で集計用のアプリが機能しないトラブルが発生したため確定は日本時間11日以降となる見通しだが、知名度に劣るブティジェッジ氏の初戦に賭けた戦略が奏功した形だ。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。