2020年02月28日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】超新星爆発の兆候?ベテルギウスに異状あり

 

画像

「冬の大三角形」の1つ、1等星のベテルギウスが例年より暗いとして話題になっている。もともと明るさが変わる変光星だが、観測史上最も暗いレベルになっている。昨年10月ごろから暗くなり始め、平均0.5等級だった明るさが1.6等級まで低下している。

 

ベテルギウスと言えば、いつ超新星爆発を起こしてもおかしくないと言われ、爆発すれば月ほどの明るさになり、昼間でも見えると言われる。その兆候ではないかとも囁かれるが、現在が暗さの底ではないかという意見が大勢だ。宇宙時間の「いつ爆発しても」は、今日かもしれないし、遅ければ10万年後かもしれないので、専門家でもそのタイミングは分からない。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。