2020年02月28日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】ヘンリーとメーガンの苦悩

2016年6月には女王陛下90歳を祝うパレードに参加した兄弟だったが、今は疎遠な関係だという

 

英国のヘンリー王子(35)とメーガン妃(38)は1月8日、インスタグラム上で王室メンバー引退宣言を電撃発表した。エリザベス女王(93)とチャールズ皇太子(71)、ウィリアム王子(37)はテレビニュースでそれを知ったという。

 

日本で、皇室の御子息が同様の引退宣言をSNS上で行ったらどうなるだろうか。メディアがひっくり返って大騒動になることだろう。同様の状態が現在の英国メディアで起きている。批判の矛先は、ヘンリー王子よりもメーガン妃に向かっている。彼女が仕掛け人となって、カナダ移住を先導し、王室との話し合いを打ち切ったという見立てで、今後の生活費などの算盤勘定をしたと見ている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。