2020年02月28日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】高速シューズは認めるべきである

アマゾンでも販売されているヴェイパーフライシリーズ

約10年前に記録ラッシュで競泳界をざわつかせた高速水着騒動と同じ問題が、陸上競技の世界にも上陸した。英紙などによると、マラソン世界記録を誕生させるなど陸上長距離界を席巻しているナイキ社の厚底シューズ『ヴェイパーフライ』について、国際陸連が禁止とする可能性が高いという。国際陸連は昨秋から調査チームを立ち上げ、今月末にも調査結果が発表される。

 

ヴェイパーフライは、ソールに推進力のあるスプーン状のカーボンプレートを、軽さと反発力のある特殊素材ズームXフォームで挟みこみ、足への負担が少ない上に走りやすいシューズとなっている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。