2020年01月29日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】イランで相次ぐ憎悪の連鎖

イメージ画像

 

イラン革命防衛隊のガセム・ソレイマニ司令官が1月3日、米軍ドローンの空爆によりイラクの首都バグダッドで殺害された。米国の対イラン政策で示された複数の選択肢から最も挑発的な選択をしたトランプ大統領の決断に対し、賛否が分かれている。

 

イラン革命防衛隊は最高指導者アリ・ハメネイ師の直属軍隊で、ソレイマニ氏は同師から寵愛を受け、英雄視する国民も多い。そんな重要人物を暗殺したことで、イラン政府の報復を恐れる声は米国内でも少なくない。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。