2020年01月29日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】元農水次官の懲役6年実刑判決と控訴について考える

イメージ画像

 

元農林水産事務次官の熊沢英昭被告(76)が長男を刺殺した事件で、東京地裁は昨年12月16日、懲役6年(求刑懲役8年)の実刑判決を言い渡した。弁護側は判決内容を不服として控訴している。

 

公判の過程で明らかになった新事実として、長男の素行が原因で長女の婚約が破談になり、自殺していたことが分かった。この消せない家族の傷跡が、遅かれ早かれ訪れる悲劇を決定づけたと考えられないだろうか。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。