2020年04月01日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】チキンが恋しくなるクリスマスの月

イメージ画像

 

クリスマスが近づくと、なぜかケンタッキーフライドチキンが恋しくなる。米国ではあくまでターキー(七面鳥)であって、チキン(鶏)を食べる人など少ないと言うが、日本人である私にとってクリスマスは「キリストのミサ」そのものではなく、クリスマスという雰囲気を味わうお祭りだから、お許し願いたい。

 

気のせいなのかもしれないが先日、14時過ぎに遅い昼休憩を取ろうと1階に客のいないケンタッキーの店に入り、入り口脇の外がよく見える席に座ってチキンをほおばっていると、まるでパチンコのチューリップが咲いてパチンコ玉が吸い込まれるように次々と通行人が入店し始めた。

 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。