2020年01月21日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】思いやり予算増額要求をトランプ氏認める

 

イメージ画像

先日、小欄で指摘した通り、トランプ政権は7月にジョン・ボルトン国家安全保障担当大統領補佐官が来日した際、在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)の増加を求めていたことが裏付けられた。

 

トランプ氏は12月3日、訪問先の英国で「友人の安倍首相に『日本はお金持ちだから、いっぱいお金を出してアメリカを助けて』と言っている」と述べたという。この発言は、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長との会談冒頭で発したものであり、日本への要求をNATOへの圧力にも利用した形だ。事実、同氏はNATOに対し「多くを負担しているアメリカにとって不公平な同盟だ」と不満を述べている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。