2019年12月12日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】足りないところを補い合える老若間のホームシェア事業

 

イメージ画像

家を所有する高齢者と上京した若者の同居を仲介するホームシェア事業が注目されている。従来の下宿と異なる点は、食事の提供が前提ではなく、サービスを提供する事業者が同居後も貸し手と借り手の間を仲介し、双方の心理的負担が少なくなるようマッチングしている点だ。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。