2019年12月12日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】忘年会シーズン到来も…増える偽計業務妨害に頭悩ませる店側

イメージ画像

 

年の瀬が迫り、サークルや会社の幹事は忘年会や新年会の予約準備を意識する時節である。飲食店は年間最大の書き入れ時でもあり、PRに余念がない。そんな飲食店にとって、頭の痛い問題が予約や酔客とのトラブルだ。

 

このたび、17万円分の飲食を電話予約した男が無断キャンセルをしたとして、偽計業務妨害容疑で逮捕された。読売新聞の記事によると、50歳代の容疑者は偽名で1人1万円のコースを予約し、キャンセルもないままに当日店に現れなかったという。他の系列4店舗にも同様の行為を行っており、嫌がらせの可能性が強い。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。