2019年12月12日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】どうして11月第4週をブラックフライデーと呼ぶの?

米国では重要な意味を持つ七面鳥も、日本ではケンタッキーやファミマのチキンで代用される

日本では数年前まで馴染みのなかった祭事が、ボーダーレス化により海外から次々と輸入され、新たな風物詩となっている。

 

ドイツ発祥のオクトーバーフェスト(10月上旬)やアイルランド起源のハロウィン(10月末)、そして米国で年間最も買い物客が殺到するブラックフライデー(11月第4金曜日)……10月以降のデパートや商業モールは企画展示で忙しい。

 

オクトーバーフェストは、主にドイツ・バイエルン州各地で行われるビールの醸造シーズン幕開けを祝う祭り。州都ミュンヘンでは9月半ばから10月上旬にかけて、各地のビール飲み比べやフランクフルトソーセージ、ハンバーガー(元はハンブルグ発祥の挽き肉料理を米国でアレンジしたもの)などビールに合う食べ物を嗜む。期間中、現地には総勢600万人が訪れる世界最大規模の祭りである。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。