2019年12月12日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】巧みに薄められた桜井パパの電通副社長就任ニュース

桜井家と縁の深い日本テレビと同じ汐留にある電通本社ビル

意味深なニュースがさらっと受け流されて、違和感を覚えることがある。

 

電通が11月14日に発表した持ち株会社体制への移行人事で、アイドルグループ「嵐」の桜井翔氏(37)の父で、元総務次官の桜井俊取締役(65)が来年1月、副社長に就任するという。

 

総務省といえば、地方行政や放送・ICTに関する情報通信全般を所掌する随一の巨大省庁で、とりわけメディア関連の利権に深く関わる行政機関である。俊氏は2015年7月から2016年6月までの1年間、事務方トップである事務次官を務めた。

 

退官後は同年9月から三井住友信託銀行顧問に、2017年6月には一般財団法人全国地域情報化推進協会理事長、同年7月には地域IoT官民ネット設立発起人として同共同代表に就任。2018年1月から電通の執行役員となり、2019年3月には株主総会での賛成多数で電通取締役執行役員に就任した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。