2019年11月12日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】露骨に焦る文在寅大統領、日本は泰然自若を貫け

文在寅大統領(ウィキペディアより)

安倍晋三首相は11月4日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議などに出席するため訪問したタイのバンコク郊外で、韓国の文在寅大統領と11分間、言葉を交わした。外務省の発表では、安倍首相は両国間の問題で日本の原則的立場を伝え、徴用工判決で生じた日韓請求権協定に違反する状態の早期是正を求めた。

 

韓国大統領府によると、面談は、ASEANプラス3(日中韓)首脳会議に先立って、文氏が持ちかけたという。両首脳は、日韓関係の重要性で一致し、懸案は対話を通じて解決すべきだとの原則を再確認したという。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。