2019年11月12日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】徳井氏申告漏れ、気になるリーク元と有名税の対価

申告漏れの報道後、更新されなくなった本人ツイッター

お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実氏(44)の設立した個人会社が、東京国税局から2018年までの7年間で、約1億2,000万円の所得隠しと申告漏れを指摘されていたことが10月23日、「FNN」(フジニュースネットワーク)の報道で明らかになった。

 

多数のレギュラーやドラマで番組に登場する徳井氏の不祥事ということで、NHKや民放各局は編集作業に追われた。徳井氏は23日に謝罪会見をしたものの、翌24日、続報で新事実や謝罪内容のウソが発覚し活動自粛に至った。

 

高収入を得ながら長期にわたり申告漏れを続け国税庁の督促も無視し続けており、各局が起用を控えるのは当然である。積極的な所得隠しではなかったために脱税容疑(所得税法違反)の逮捕には至らなかったが、悪質過ぎるとの声も多い。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。