2019年11月12日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】台風被害、河川氾濫が地価を変えるかも

イメージ画像

台風19号が各地の河川を氾濫させた結果、13都県に深刻な被害をもたらした。台風といえば通常は強風による被害が想定される。昨年9月に大阪を襲った台風21号は、関西国際空港連絡橋にタンカーが衝突して破壊されたり、大阪・京都などの並木が数百本も倒れたりするなど、破壊的な強風で死者14人を出す被害となった。また、今年9月の台風15号では、強風の影響で千葉県内の送電塔2本と電柱84本が倒壊し、約2,000本の電柱が損傷した結果、100万戸近い住宅が停電する被害が起きている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。