2019年11月12日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】二階幹事長「まずまずの被害」発言に党内外から批判

ツイッターでも二階発言は炎上状態

台風19号の被害について自民党の二階俊博幹事長(80)が10月13日、自民党の緊急役員会で「まずまずの被害に収まった」と話したことが問題となっている。

 

同日15時時点での死者は18人で、停電や断水が続く中での発言であり、あまりにも不謹慎だ。報道陣に真意を問われた二階氏は「日本がひっくり返るような災害から比べれば、という意味だ。想像も及ばない激甚な災害に抜かりない対応をしていく」と補足している。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。