2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】力士に代表される短命な仕事と、長命な仕事

 

イメージ画像

大相撲の元関脇逆鉾(坂鉾)で、井筒親方が9月16日に亡くなった。享年58歳。鹿児島県出身。すい臓がんとみられる。弟の元関脇寺尾、兄の元十両鶴嶺山とともに”井筒3兄弟”として知られていた。

 

優勝経験がなく現役時代は地味な印象だったが、逆鉾という四股名が印象的で、ニュースでその名を聞く度に「どういう意味なのかな」と思った覚えがある。ウィキペディアによると、国生みの神話に登場する「天の逆鉾」に由来する。鹿児島県出身の力士が名乗るのが通例で、明治以後は井筒部屋の由緒ある四股名となっており、確認できるだけで6人が「逆鉾」を襲名している。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。