2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】竹島問題、考えさせられるN国・立花氏の時効発言

竹島

 

この発言を聞いた多くの国民は怒りを覚えたかもしれない。「NHKから国民を守る党(N国)」の党首で参議院議員の立花孝志氏(52)が9月10日、竹島について、領有権は韓国にあると発言したからだ。

 

国会議員の立場でこうした発言をすること自体が、韓国や世界に誤ったメッセージを送ることになる。その意味では、私(記者)も「また立場をわきまえない政治家の発言で国益が失われた……」と呆れた。しかし、続く彼の主張には考えさせられるものがある。

 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。