2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】政治家としての器が問われる小泉環境相の汚染処理水対応

就任時の一日をブログ上で紹介している動画の最終場面

小泉進次郎環境相が就任早々、ポピュリズムを批判される問題に直面した。福島県では、東京電力福島第1原発の汚染水浄化後の処理水が増え続け問題化している。退任する原田義昭前環境相が「海洋放出しかない」と発言したことに対し、小泉氏が「(環境省の)所管外」と前置きしながら、訪問した福島県知事や漁業関係者に謝罪したのである。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。