2019年09月15日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】口利きの明確な音声証拠がある上野宏史議員が立件されないと…

上野宏史の公式HP

外国人在留資格での口利き疑惑が報じられた上野宏史衆院議員(48)が8月28日、厚生労働政務官を辞任した。週刊文春は8月21日号で上野氏の疑惑を報じた後、当時の政策秘書が録音していた上野氏の確信的な音声も公表した。

 

音声では、上野氏が法務省に口利きを行う見返りに、人材派遣会社「ネオキャリア」に1人あたり2万円の金銭を求めていたと分かる内容だ。政策秘書が同社に13件の認定の可否を伝えてしまったことに対して上野氏は激怒し、同社から受け取るはずだった26万円を秘書が肩代わりするように求めている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。