2019年08月17日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】まだまだ控えるスキャンダル予備軍の議員たち

 

イメージ画像

「このハゲー!」と叫んだ豊田真由子、「戦争しないとどうしようもなくないか」と北方領土の元島民に迫った丸山穂高、「死ねおまえ」と繰り返した石崎徹……昨今問題になっている議員のパワハラや買春発言について、議員会館に詰める秘書の多くが、次に危ない議員を囁き合う。

 

人の噂は実に早いもので、日常的に怒鳴り声が聞こえてくる事務所や、スタッフに対するパワハラ行為によって頻繁に秘書が入れ替わる事務所というのは、いわゆる「ブラック事務所」として横のつながりを通じて与野党問わず秘書の話題に上る。知らぬは本人ばかりなり、である。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。