2019年10月14日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】原爆投下が戦後日本にもたらした第二の悲劇

イメージ画像

 

夏のうだるような暑さとともに私たちは毎年、70年以上前に繰り広げられた悲劇に思いを馳せる。8月6日と9日の原爆記念日、8月15日の終戦記念日にテレビに流れる黙祷の様子を確認し、自らも暫し平和の尊さと、過ちを繰り返さないことの大切さを再確認する。

 

団塊ジュニア以降のロスジェネ世代は、二十四の瞳やはだしのゲン、火垂るの墓といった映画や漫画、アニメで戦争の悲惨さを感じて育った。如何なる国家間対立があろうとも、戦争という手段だけは用いてはならない。そんな決意が自然と身について大人になる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。