2019年08月17日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】比例代表は名前で損する?集計ミスや落選の悲喜こもごも

※イメージ画像

7月21日投開票された参院選は、名前の類似性で集計ミスがあったり、投票ミスと思われるケースが散見されたりした。

比例代表で、静岡県富士宮市は、山田太郎氏(自民)の515票を、山本太郎氏(れいわ)の票として計上した結果、山田氏の得票が0票になった。市民から「0票はおかしい」との指摘があり、再点検してミスが判明。市選管は23日に結果を訂正した。山田氏の票の束に山本氏と書かれた紙を貼ってしまい、二重点検をくぐり抜けてしまったという。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。