2019年08月17日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】変わらないことを選択した国の衰亡は明らかだ

※イメージ画像

今回の参院選で、与党は改選過半数を上回る一方、改憲に賛成する自公維で発議に必要な3分の2を上回ることができなかった。自民は1人区で野党共闘の1本化候補に22勝10敗と勝利したが、野党第一党の立民は議席を9議席から17議席に伸ばし、与野党の攻防は勢力が大きく変化する「地滑り的」な勝利や敗北はなく、拮抗した結果で終わったと言える。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。