2019年10月19日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】恨は巡り巡って己に還る

※イメージ画像

最近、テレビでムンジェイン(文在寅)韓国大統領を見かけると、反射的にチャンネルを変えてしまう。北朝鮮や中国、ロシアの指導者のようにあからさまな圧政者でもなければ、志ある平和主義者でもない。どちらにも振り切れず、金正恩氏やトランプ氏の機嫌ばかりを伺い、日本に対しては敵対行為を繰り返す。耳にまとわりつくコバエのように不快な存在である。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。