2019年08月17日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】我欲しかないトランプ外交

会談を終え、軍事境界線で握手する米朝首脳(ホワイトハウスのFBより)

 
トランプ米大統領は6月30日、板門店の軍事境界線で北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長と再会し、韓国側の「自由の家」で面談した。米朝会談は2018年6月のシンガポール、19年2月のハノイの会談に続き3回目。
 
突然の米朝首脳会談は、29日朝のトランプ氏のツイッターがきっかけとなった。「もし金委員長がこれを見ているなら、非武装地帯で握手する用意がある!」と。トランプ氏は同日午前のG20サミット2日目が始まる直前、文在寅・韓国大統領と立ち話でツイッターの内容を確認し、「いいね」とばかりに親指を立てた。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。