2019年06月16日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】韓国と笑顔で握手…外交と友好を履き違えた岩屋防衛相の無自覚

シャングリラ会合でスピーチを行う岩屋防衛相(6月1日)

 
日本人は外交下手だとよく言われる。外交は相手と交渉するか否かを含めて全てが駆け引きの手段となるが、日本人が美徳とする礼節やおもてなしは、相手を利する格好の餌食となるからだ。
 
6月1日、シンガポールで開催されたIISSアジア安全保障会議(シャングリラ会合)で、岩屋毅防衛相が、韓国の鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相と非公式会談を行い、笑顔で握手を交わしたことが、自民党内で問題視された。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。