2019年11月21日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】同床異夢の野党選挙協力は闘いの後に闘いが始まるだけ

※イメージ画像

 
同床異夢の選挙協力、といったところだろうか。参院選の野党選挙協力で、立憲民主党と国民民主党の相互支援ルールの原則が確認された。それぞれの公認候補は推薦せず、推薦より下の「支持」とする一方、改選定数1の「1人区」で一方の党が候補を擁立した場合、無所属で出馬すれば推薦できることで一致した。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。