2019年09月18日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】「中年の引きこもり」が原因で起きた2つの衝撃的な殺人事件

※イメージ画像

 
元事務次官が息子を刺殺するという衝撃的なニュースが飛び込んできた。6月1日、元農林水産事務次官、熊沢英昭容疑者(76)が東京都練馬区早宮の自宅から「息子を刺し殺した」と110番通報があった。長男の無職英一郎さん(44)は搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁練馬署は殺人未遂の疑いで熊沢容疑者を現行犯逮捕した。熊沢容疑者は「長男を包丁で刺した」と容疑を認めており、殺人容疑に切り替えて調べる。
 
報道によると、熊沢容疑者は長男の引きこもりや家庭内暴力に悩み、周囲にも相談をしていたという。事件当日も、近所の小学校での運動会が騒がしく、それが原因で口論になったようだ。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。