2019年06月16日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】天安門事件から30年、自由なき超大国となった中国

「天安門事件」と検索して出てくる画像の数々

 
人の心が善悪の間で葛藤し、最終的に闇の世界に引きずり込まれてしまう――そうした人間の弱さをテーマにした物語は、芥川龍之介著「羅生門」や映画「スターウォーズ」にも描かれ、古今東西、普遍的題材でもある。
 
1989年6月4日の天安門事件から30年が経過する。中国民主化を求めた運動が、もう少し遅く、東西冷戦が終結する流れの中で行われていたなら、或いは当時の最高実力者だった鄧小平・党中央軍事委員会主席がもっと民主化に理解があったなら、今ある世界はより開かれた世界になっていたかもしれない。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。