2019年06月16日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】池袋暴走事故、運転者はなぜ逮捕されない?

池袋駅東口から約700メートル先にある事故現場。日中はさほど交通量が多くない(グーグルマップより)

 
東京・池袋で乗用車が暴走し母子が死亡した事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が、退院したにも関わらず逮捕されていない。
 
院長は事故で胸の骨を折る重傷を負っていたが、5月18日に退院すると、目白署に出頭し任意聴取に応じた。サングラスにマスク姿で、両手で杖をつきながらゆっくりと署に入ろうとした際、待ち構えた報道陣の問いかけに対し、小さな声で「申し訳ございません」とだけ語った。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。