2019年06月16日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】トゥキディデスの罠が示す米中対立の行く末

※イメージ画像

 
最近、「トゥキディデスの罠」という言葉をよく聞く。ハーバード大学のグレアム・T・アリソン教授が対立不可避の米中関係を指した言葉だ。トゥキディデスとは、古代ギリシアの歴史家で、ペロポネソス戦争を描いた『戦史』で有名。都市国家を代表するスパルタ・アテネ間で行われたペロポネソス戦争に着目し、「覇権を争う国家同士は戦争を免れない」として名付けた。
 
過去500年間で、覇権国と新興覇権国との間で緊張が生じた16例のうち12例で戦争に至ったという。4回に1回しか戦争を回避できていないというのである。日露戦争や太平洋戦争、米ソ冷戦なども含まれる。
 
2015年の米中首脳会談で、南シナ海での権益を独占しようとする習近平国家主席に対し、オバマ大統領が「一線を越えた場合は後戻りできない」と歴史の教訓として用いた。トランプ政権でも同様の歴史認識を共有しており、トゥキディデスの罠はトレンドワードとなっている。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。