2019年06月16日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】日本国紀は歴史の面白さを凝縮した大著―①

日本国紀(アマゾンの販売サイトより)

 
遅ればせながら、百田尚樹氏著『日本国紀』を読んだ。
 
歴史は高齢者層に人気がある。NHK大河ドラマの視聴者層も多くは高齢世代が中心である。しかし近年、漫画や映画、ゲームなどメディアミックスで戦国時代にタイムスリップしたり、戦国武将を男前に描いたりした作品が次々と登場し、若者を中心に戦国時代への関心が高まっている。
 
歴史好きな女子を歴女と呼び始めたのは2008年頃からである。この頃から、日本史だけでなく三国志や漫画『キングダム』の影響で秦の始皇帝時代への関心も高まるようになった。日本刀や家紋、城巡りなど、マニアックな分野への追究も始まり、世はまさに歴史研究時代ともいえる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。