2019年08月20日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】認めたくないが…メード・イン・チャイナの大進化

肉まんや小籠包の中身はともかく、中国製品の質は大進化を遂げた

 
2007年7月、北京発の段ボール肉まんのニュースが、我々を驚かせた。「露店で、肉まんの材料に挽き肉と段ボールを混入させた偽装肉まんが発売されていた」と現地紙が伝えたのである。使われなくなった段ボールを脱色してボロボロにし、6:4の割合で挽き肉と混ぜ合わせ、豚肉の香料を加えて製造されたという。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。