2019年07月16日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】「連休大歓迎」はマスコミと政治家による洗脳ではないのか?

大型連休が終わると長い梅雨が始まる……

 
過去最長10連休のゴールデンウィークが終わった。帰省や海外旅行で家族、友人との交流を深めた人も多いだろう。連休にすることで旅行などがしやすくなり、経済効果もある程度見込めることを踏まえた上で、それでも長い休みが心身にもたらす負の影響についてもきちんと考察したい。
 
時事通信社が3月に行った世論調査では、10連休に「嬉しい」と答えたのは36.5%に留まり、「嬉しくない」との意見が41.0%、「関心がない」が21.1%を占めたという。嬉しくない理由として、「仕事をしていないので関係ない」が28.0%、「休めそうにない」が19.3%、「家事などの負担が増える」が10.8%など。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。