2019年09月15日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】副大臣の許されない忖度失言

※イメージ画像

 
政治家の失言は年中行事のように止むことがないが、許されるケースと許されないケースがある。言いたいことは理解できるものの、表現の行き過ぎや言い間違いであれば、有権者は時間とともに忘れていく。
 
一方、考え方の根本が間違えている場合、後でどんなに糊塗したところで「それを言ったらおしまいよ」と誰一人として賛同も同情もせず、事あるごとに問題視され、役職を解任せざるを得ない流れになる。
 
塚田一郎国交副大臣(55)が、4月1日の北九州市での会合で、山口県下関市と北九州市を結ぶ「下関北九州道路」の整備計画進展に関して、致命的と言える失言をした。「安倍首相や麻生副総理は言えないが、私は忖度します」と発言したのである。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。