2019年11月15日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】新元号公表を目前にして思うこと

※イメージ画像

 
果たして新元号はどんな言葉になるのか。以前、小欄で触れたが、ここでもう一度、決定の流れをおさらいしたい。
 
まず、①数人の有識者に委嘱し候補名を絞り込む、②官房長官が検討し総理大臣に報告、③官房長官と内閣法制局長官らによる会議の原案として数個を選び、閣議で協議し衆参両院の正副議長の意見を聞く、④政令を閣議決定し、新元号が決まる――といった流れだ。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。