2019年11月15日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【論説】スルガ銀、かぼちゃの馬車、レオパレス……社会貢献より利益を優先する企業体質

施工不備問題を謝罪するレオパレス21のHP

 
施工不良のアパートが問題となっているレオパレス21が、外部調査委員会の中間報告書を公表した。組織的・構造的な原因を指摘したほか、当時の社長で創業者の深山祐助氏が不適切な部材調達などの指示を行ったことも明らかにしている。現経営陣の責任を明記する最終報告書は5月下旬までにまとめるという。
 
レオパレス21の安普請な造りは、数十年も前から業界で知らない人はいないほど有名な話だった。数室先のインターホンが聞こえる、隣室の会話や寝息が聞こえる等々。これらの話は「安かろう悪かろう」と一笑に付されてきたが、命にかかわる安全面をも無視した建築基準法違反となると、笑い事で済む話ではない。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。